あしたばブログ

熱中症に要注意

熱中症とは?

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のこと。

 

 

熱中症が疑われる場合は、次のような応急処置を行いましょう。

 

 

 

  1. ①涼しい環境に移す・・・ 風通しの良い日陰や、クーラーが効いている室内に

 

  1. ②脱衣と冷却 ・・・衣類を脱がせて、体内の熱を外に出します。さらに、露出させた皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などで仰いだり、氷嚢で首やわきの下、太ももの付け根を冷やし、体温を下げます。

 

  1. 水分と塩分を補給する・・・ 冷たい水、特に塩分も同時に補える経口補水液やスポーツ飲料などを。ただし、意識障害がある場合は水分が気道に流れ込む可能性があります。また、吐き気や嘔吐の症状がある場合には、すでに胃腸の動きが鈍っていると考えられるので、口から水分を入れることは避けましょう。

 

・こんなときには医療機関に!

 熱中症を疑う症状があり、意識がない、または呼びかけに対する返事がおかしい場合は、すぐに救急車を呼びましょう。  意識がある場合は、前述の応急処置を行います。  ただし、水分を自力で摂れない場合は、医療機関へ。  また、水分を自分で摂れ、必要な応急処置を行ったものの、症状が改善しない場合も、医療機関に行きましょう。