あしたばブログ

代謝とふくらはぎについて

最近、急激に冷え込んできましたが、皆さんは、こんなことはありませんか?

 

疲れが抜けない、ストレスが溜まりやすい、肩こりや腰痛がある、

食事量は変わってないのに体重が増えてきた、など

 

 

そんなスッキリしない状態がもし続いているなら、

それは代謝が落ちているのかもしれません。

 

 

代謝とは、

外から取り入れたのもを体内でエネルギーに変える

仕組みです。

 

代謝が落ちると体の中の循環がうまくいかず、

体の隅々に必要な栄養や物質、エネルギーが

行き渡らない為、疲労や肥満、

こりや冷えなどさまざまな不調の原因にもなります。

 

そんな代謝のカギを握るのが『ふくらはぎ』です。

 

ふくらはぎは、『第2の心臓』と言われ、

重力によって下半身にたまった血液を心臓に戻す

ポンプの働きをしています。

 

そのため、ふくらはぎの筋肉が凝り固まって

 

血流が滞ると、全身の血流が悪くなり、

代謝ダウンにつながります。

不調を感じたときは、

ふくらはぎの状態を確認してみてください。

 

健康なふくらはぎの条件

①適度に体温が感じられる

②やわらかくて弾力がある

③皮膚に張りがあり、押さえて気持ちがいい

④コリコリした塊がなく、中まで柔らかい

⑤指を離すと同時に、元の状態に戻る(むくみがない)