あしたばブログ

みなさん秋バテにご注意を!!

みなさん夏バテではなく秋バテがあるのをご存知ですか?

秋バテとは、猛暑がつづくなかで冷たいものを多く摂取したり、冷房に長時間あたりすぎたこのによって、内臓や体が冷えることで自律神経などが乱れ、食欲不振や倦怠感などの不調が現れてしまうのです。

身体の不調がある方はぜひ下記の内容を意識して生活習慣を改善してみてください

●食事

食欲不振になってしまうと、食事を抜いたり簡単なもので済ませたりしがちですが、必ず1日3食をできるだけ決まった時間に摂取しましょう。

栄養バランスが取れた食事がベストですし、胃腸を刺激する冷たい食べ物は極力避けたいところですが、どうしても冷たいメニューになってしまう場合、飲み物のお茶は温かくするなどしてバランスを取りましょう。

栄養素で言えば、ミネラル、ビタミンB1、タンパク質など疲労回復や熱量の維持に効果的な食品が有効です。また、調理の際も消化しやすいよう食品を細かく刻むといった工夫も重要です。

●室温調節

秋になってもしばらくは、まだまだエアコンに頼らなくてはいけない日々が続きます。一般的に冷房時の適温と言われているエアコンの設定温度である27~28℃は、少し暑く感じるはずです。

しかし、秋は冬への備えをする準備期間です。真夏の猛暑で受けたダメージや冷房で冷えた体を徐々に回復させなければいけません。

●入浴

入浴には血行を促し、冷房で硬直した筋肉を和らげる効果があります。さらには体内に溜まった老廃物を排出させようという動きが活発になります。入浴は体を温めるだけでなく、体を清潔にして気分をリラックスさせてくれる効果があるので、気分よく1日を終えるためにも欠かせないものです。

冬場はヒートショックなど考慮する必要があります。秋はそこまで注意を払う必要はありませんが、脱水症状には気をつけるようにしましょう。

●運動

真夏日が続くと外出を控えるようになり、運動はおろか日常的に歩く頻度も減っていきます。そうなると汗をかかなくなるため、体温調節がさらに鈍くなり、これも秋バテの一因となります。早朝や日が沈みかけた夕刻時などを利用し、わずかな時間でもウォーキングなどの有酸素運動で体を動かす習慣をつけましょう。

●睡眠

きちんと体調を整えるためにも睡眠も重要です。暑さで眠りにつけない場合、冷房器具を使うことは有効ですが、エアコンは冷えの原因になることから低めの温度に設定しタイマーをかけるようにしましょう。扇風機に関しては、直接風が当たったままの状態だと体温が奪われるため、首振り機能を使うなどしましょう。秋口は夏と比べ、寒暖差が激しくなりますので、必ず腹部を中心にブランケットをかけるようにしてください

 

それでも身体の調子が良くならない方は一度あしたば整骨院までご来院ください。

一人一人のお身体の状態に合わせた治療内容をご案内させて頂きます

 

あしたば整骨院

井村