あしたばブログ

ランナー膝と2月の休診日について

こんにちは!高橋です!

マラソンシーズンになり、僕も浦安シティマラソンに向け走っています。

 

 

今日はランナー膝(腸脛靭帯炎)について・・

 

腸脛靭帯炎は太ももの外側にある腸脛靭帯が膝の外側の骨(大腿骨外側上顆)と擦れると炎症がおこり、痛みが出ます。膝の曲げ伸ばしを何度も繰り返すランニング・バスケットボールなどのスポーツをしている方、シューズの外側がすり減っている方、硬い路面や下り坂を走っている方、O脚(がに股)の方は腸脛靭帯炎になりやすいです。

 

初めは運動をしている時だけ痛みが出ますが、痛みがあまり強くないため運動を続けることが出来ます。しかし、このまま運動を続けていくと、歩いている時や階段の昇り降りなど、日常生活でも常に痛みを感じるようになります。

 

腸脛靭帯炎が起こる主な要因は、膝の使い過ぎと柔軟性不足です。

長時間・長距離の練習、同じメニューの繰り返しなど膝を酷使する運動を避け、疲れたら十分な休養を取りましょう。そして練習前のウォームアップ、練習後のクールダウンはしっかりと行い普段から筋力トレーニングとストレッチをしましょう。

太ももの筋肉など膝に関係する筋肉の強化と柔軟性をつけることで、膝の外側の痛みを予防し再発防止に繋がります。シューズや練習内容・コースの見直し、O脚改善も効果的です!

 

 

 

★2月の休診日について☆

2月12日(建国記念日振替)・・・午後7時まで診療

よろしくお願いします。